2005年01月07日

外反母趾でもぴったり合う靴をはける!

今回は、外反母趾の私が、自分の足にぴったり合う靴を探したときの体験を書きます。
変な歩き方をしていると、体が歪んだり筋肉が使われなかったりするので、
ダイエットにもつながる話です。

足に合った靴を選ぶには
外反母趾の場合は特に、足に合った靴を履く必要があると思います。
合わない靴を履いていると足が疲れるし、外反母趾も悪化する気がします。

足自分の足のサイズを正しく知る
みなさんは、足のサイズを測ったことがありますか?
私はつい最近まで測ったことがありませんでした。
それなのに、自分のサイズは24cm〜24.5cmだと思い込んでいたんです。
今まで靴を買うときにいろいろ履いてみて、履けるのがそのサイズだったからです。

足は、長さ(縦)と幅(横)の2つのサイズがあるそうです。
きちんとした専門店では、フットプリントと採寸をやってくれます。
測ってもらったところ、以下の結果でした。
足長(足の長さ):約24cm(左右で違い、左足は24cmもないですとのこと)
足囲(足の幅):DかE
足長と足囲の一覧表が参考になります↓
http://www8.ocn.ne.jp/~marugiku/size.htm

私は専門家ではないので、あくまに参考程度にとどめて欲しいのですが。
靴を選ぶのには、この2つのサイズが必要だそうです。
でも、足長は選べますが、足囲が選べるお店はあまりないように思います。
24cmの靴を履いてみて、幅が狭いと24.5cmの靴を出されます。
そうすると、幅はOKだけれど、足長が長すぎて踵がカパカパになってしまう。

重要なのは踵(カカト)!
これを教えてくれたのは、自由が丘のコンフォートクリニックというお店です。
採寸された後、薦められたのは、かなり細身の紐靴でした。
正直、「こんな細い靴、履けないよ。私は外反母趾で幅広なんだから」と思いました。
でも、履いてみたら本当にぴったりでした!
足と靴が一体になるというのは、こういうことなのか〜exclamation×2
本当に驚きでした。私は足のバランスから見て、踵が小さいそうです。

その靴は本当にぴったりだったのですが、デザインが難ありだったので、
黒のシンプルなパンプス(ストラップ付き)の中で、合うものを購入しました。
最初の靴に比べると足との一体感はないですが、それでも今まで自分が持っていた
靴よりはだんぜん履きやすいです。ちなみに3万円。いい靴は高い!仕方ない!
この靴を履きつぶしたら、また同じ靴を購入しようと思っています。

足自分の足に合う木型を知る
これを教えてくれたのは、銀座のフットステップというお店。
店内には靴の箱が大量に並んでいます。セミオーダーが主とのこと。
私はセミオーダーはせず、既存の靴の中から選ぶことにしました。

採寸のあと、店長さんが何足か靴を薦めてくれ、自分の足のパターンを見極めます。
私は今まで、先の尖った靴は痛くて自分の足には合わないと諦めていたのですが、
この店には合う靴がありました!
靴にはいろいろな木型があるので、自分に合う木型の靴を選ぶのが大切とのこと。
デザインは気に入ったのですが、色の在庫がなく、購入には至りませんでした。
茶色の靴を探していたのですが、ベーシックな黒が多いみたいです。
既存の靴は3万円代とのこと。

足を大切にしたい、外反母趾を悪化させたくないという方は、行ってみて下さい。
お店の情報は、こちら↓のページが参考になりました。
http://www.bigtoe-takeda.com/tempo.html

ちなみに、採寸や靴選びで1時間半くらいは軽くかかるので、
時間には余裕を持っておいた方がいいと思います。

ランキングに参加しています。クリックして応援して頂けるとうれしいです♪


posted by mana at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 外反母趾、O脚体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。